Tシャツの臭い・洗濯しても消えない臭いを取り除く方法

洗濯してもなぜか消えないTシャツの臭いを取り除く方法をご紹介します。Tシャツだけでなくほかの衣類でも、洗っても洗っても、なぜか臭いが消えないものがありませんか?こうした臭いは、体臭の強弱によって付いてしまうものではなく、洗濯の方法や干し方に問題があるのです。せっかく気に入って手に入れたTシャツでも、臭いが取り除けないと出番が減るどころか最悪、捨てることになってしまいます。

Tシャツの消えない臭いを取り除くには

Tシャツだけでなくほかの衣類でも、洗っても洗っても、なぜか臭いが消えないものがありませんか?特定のTシャツだけから悪臭がする。誰もがこんな体験をしたことがあるのではないでしょうか?こうした臭いは、体臭の強弱によってこびり付いてしまうものではなく、洗濯の方法や干し方に問題があることで発生します。ちゃんと洗っているつもりなのになぜか臭い。そこはかとなく臭い。せっかく気に入って手に入れたTシャツでも、臭いが取り除けないと出番が減るどころか最悪、捨てることになってしまいますので、なんとか消したいものですが…ご安心ください。Tシャツの不快な臭いを取り除く方法があるんです。

臭いの原因

Tシャツの不快な臭いの取り除き方をご紹介する前に、その臭いが付いてしまう原因について考えてみましょう。きっと何か思い当たることがあるはずです。

雑菌が繁殖

Tシャツに雑菌が繁殖して臭いがこびり付いてしまうことがあります。雑菌というぐらいですから、それこそどこにでも存在しているわけですが、別に雑菌自体に臭いがあるというわけではなく、雑菌が繁殖する際に臭いを出しているのです。これはすなわち、Tシャツに洗い残しがあったり、湿気が多い状態だったりすると、菌が繁殖しやすい環境になるということ。汗をたっぷり含んだTシャツをバッグの中に入れたまま忘れると強烈に臭うことがありますが、まさに雑菌が繁殖している状態です。

汚れが酸化

洗い残しがあることで、残った汚れが酸化して悪臭を放つことがあります。汗拭き用のタオルもこのパターンでよく悪臭を発生します。

洗濯槽が汚い

これは盲点と言えるかもしれません。原因がTシャツ本体にあるわけではなく、きれいにするはずの洗濯機にあるわけですから。洗濯機は湿気が溜まりやすく、汚れなどの雑菌が繁殖しやすい環境です。フタを閉じたままにすることも多く、常に湿気の多い状況になりやすいため、使用後はしばらくフタを開けっぱなしにして湿気を逃しましょう。また、洗濯後に、すぐに洗濯物を干さずに放置することも悪臭につながる原因の一つです。洗濯槽は普段からなるべく乾燥させ、3ヶ月に1回程度は洗濯槽洗浄用の洗剤を使用して洗浄すると効果的です。

干し方に問題

きれいに洗濯ができていたとしても、干し方が問題でTシャツから悪臭が発生する場合があります。いわゆる「生乾き」により臭いが出てしまう状態です。しかし、一人暮らしやアパートなどで外干しスペースも限られるとなると、部屋干ししなければならないことが多いのも事実。また、部屋干しだと洗濯物同士の間隔がとれず、さらに乾きにくくなってしまいます。Tシャツを部屋干しする以外に選択肢がないという方は、なるべく洗濯物同士の間隔をとり、扇風機やエアコンを活用してなるべく早く乾燥させましょう。洗濯の際に部屋干し専用の洗剤を使うのも効果的です。

Tシャツの消えない臭いを取り除く方法

Tシャツの消えない臭いの原因は主に雑菌が繁殖すること。すなわち、汚れをしっかりと取り除けば、悪臭は発生しにくくなるということです。Tシャツの臭いを取り除くためには「洗濯方法」が鍵になります。

ぬるま湯で洗濯

水ではなく、ある程度高温にすると洗剤の働きを高めることができます。40℃程度のぬるま湯を用意して洗濯すると、洗剤の働き以外にも「汚れが溶けやすくなる」「漂白効果が高まる」などの利点が生まれます。お風呂の残り湯が使用できれば手っ取り早いのですが、すすぎには必ず水道水を使ってください。残り湯には雑菌が含まれているため、洗剤といっしょであれば問題ないのですが、すすぎに使うと結果的に雑菌をTシャツに残すことになってしまいます。

弱アルカリ性洗剤を使う

弱アルカリ性の洗剤を使う方法があります。弱アルカリ性の洗剤は、昔ながらの粉末状の洗剤。弱酸性や中性の洗剤とは異なり、皮脂成分の洗浄に強い洗剤です。

酸素系漂白剤をプラス

漂白剤には酸素系とアルカリ性のものがあります。昔ながらの漂白剤はアルカリ性のもの。こちらは白い衣服を真っ白にしてくれる本当の意味での漂白剤です。そのため、色柄ものに使ってしまうと色が抜けてしまいます。酸素系漂白剤は色柄ものにも使える漂白剤です。使用の際は、まずTシャツの目立たない部分に溶液を少しだけつけてみて、変色しないようならOKです。その後、溶液に30分程度浸し、洗濯機で洗います。

なお、酸素系漂白剤は、洗濯槽に投入して使うことも可能。各製品の説明書きをよく読んで普段の洗濯に使えば、Tシャツの防臭に役立ちそうです。

重曹

家庭の必需品になった重曹は、Tシャツの臭いを取り除く効果も抜群です。重曹は粉末洗剤と同様のアルカリ性なので、皮脂成分の分解に効果を発揮。普段の生活でも頑固な油汚れを事もなげに取り除くパワーは、洗濯の時も頼りになります。使い方はかんたん。重曹を水1リットル当たり小さじ5杯程度投入し混ぜ合わせた後、Tシャツを30分程度浸け込みます。その後、洗濯機で普通に洗えばOKです。

クエン酸

クエン酸も、重曹同様に家庭での存在感が増してきている物質です。キッチンやお風呂場などの水回りで大活躍しているクエン酸は消臭効果を持つことでも知られています。このクエン酸を、洗濯洗剤と同程度、洗濯槽に投入して回すことで、高い消臭効果が期待できます。漂白剤を使うとTシャツが少しごわつくことがあるのですが、クエン酸の場合はそういった違和感も出にくいことが特徴です。

なるべく早く乾かす

生乾きはTシャツの臭いの元。なるべく早く乾かすことで、臭いは防止することができます。湿った状態が長い時間続かないようにするには乾燥機が最適ですが、乾燥機がない場合は、なるべく短時間で乾く外干しが理想です。どうしても部屋干しが多くなってしまう方は、洗濯物の間隔をとり、扇風機やエアコンを併用してなるべく短時間で乾くように工夫します。脱水時間を多めにとることも考えられますが、Tシャツにシワができやすくなるというデメリットがあります。

臭いの原因は雑菌・体臭ではありません

Tシャツの臭いの原因は雑菌。雑菌が繁殖する際に臭いを発して「臭い!」と感じさせるのです。もちろん、皮脂や汗は雑菌が繁殖する原因になりますから、洗濯物は放置せずになるべく早く洗濯するのが基本。自分の体臭で衣服が臭くなっているわけではありませんので、対策を間違いませんように…

Tシャツの嫌な臭いを取り除く方法・まとめ

直接身につけることの多いTシャツは、皮脂が付きやすいため、洗い残しがあると雑菌が繁殖して臭いを発生しやすくなります。しかし、洗濯の方法と干し方に工夫をすることで、Tシャツからの悪臭発生は防ぐことが可能。臭いがこびり付いてしまったTシャツも、重曹やクエン酸を使ってさわやかなお気に入りTシャツに変身させましょう。